マチコ右

街金マチコです!

マチコは遠く離れた地球に似た惑星からやって来ました。
banner0219-03
マチコがお金を借りたいあなたのために、ちょっと訳ありでも借りれるところを案内しまね。

その前に街金について一緒にお勉強しましょう

街金とは?

街金と聞くとあまりよいイメージを持っていない人も多いのではないでしょうか。どうしても闇金などの悪質は貸金業者をイメージしてしまいますね。
ですが街金は中小の消費者金融のことを指し、闇金は違法な貸金業者です。街金の定義としては特定の地域でお金を貸している小規模の貸金業者のことをいい、貸金業者の事務所が街中にあったことから街金と呼ばれるようになりました。
中小消費者金融の多くは融資が可能な地域を限定しており、一定のエリア外になると対象外となることが多いのですが、現代ではインターネットが広く普及したことによって全国どこからでも申込みが出来るようになったことから融資が可能なエリアも広くなっているのです。街金、つまり中小消費者金融の場合は独自の審査基準で審査を行うことから、大手消費者金融で融資を断られてしまった場合でも審査に通る可能性があり、大手消費者金融で審査に落ちてしまった人たちにとって最後の砦となっているのです。
ただし最近ではサラ金や街金と入力してインターネットで検索をすると多くは違法な金利で貸付を行う悪質な業者がヒットしてしまうので借入先を探す時には注意が必要です。「激甘」、「ブラックOK」、「必ず貸します」、「専業主婦や無職OK」といったフレーズが使われている場合にはほとんどの場合が悪質な貸金業者となっているので、こういった貸金業者に安易に申込みをするのはやめましょう。

大手消費者金融と中小消費者金融の違い

消費者金融と言えば多くの人はプロミスやアコム、アイフルやモビットなどテレビCMなどでよく見かける消費者金融をイメージするのですが、これらの多くは現在ではメガバンクの傘下や子会社になったことで大手消費者金融として知られています。大手消費者金融は即日融資や24時間365日コンビニのATMで借り入れや返済が出来るなど何かと便利な反面、2010年に総量規制が施行されたことによってカードを発行してもらう為の審査は厳しくなっている傾向にあります。
消費者金融には大手消費者金融と呼ばれるものと中小消費者金融、街金と呼ばれるものがあるのですが、これらにはどんな違いがあるのでしょうか。
まずは大手消費者金融についてですが、先ほどもお話した通り、審査スピードが速いことから申し込んだその日に融資を受けることが出来る即日融資や、振込融資やコンビニでの利用など融資の種類も豊富にあることから非常に使い勝手のよいものとなっています。ですが、メガバンクの傘下に入ったり、子会社化されたこと、総量規制が施行されたことによって審査は年々厳しくなっており、例えばアコムの審査に落ちてしまった場合には大手消費者金融どうしの場合、基本的には同じ様な信用情報機関の情報を参考に同じ様な方法で審査をしているのでプロミスやモビットなどに再度申し込んでもアコムと同じように審査に落ちてしまう可能性が高いのです。
これに対して中小消費者金融、街金の場合はコンビニでの利用などの利便性、融資の種類、審査のスピードなどに関しては大手消費者金融に比べると劣ってしまうのですが、審査に関しては独自の審査基準を用いて審査を行っているところが多いので大手消費者金融に比べると審査が甘い傾向にあるところが多く、大手消費者金融の審査に落ちてしまった人たちの受け皿となっているのです。あまり聞きなれない消費者金融の社名や街金と聞くと、闇金では?などあまりよくないイメージを持つ人も多いのですが、中には大手消費者金融などと変わらないぐらいの年数で営業しているところなどもあり、一昔前までは全国展開をしていない消費者金融の場合は店舗まで申込みや融資を受けに行くのは遠方からでは難しく、全国展開をしている大手消費者金融にどうしても融資希望者が集中しがちでしたが、現代ではインターネットが普及したことによって店舗まで出向かなくても申込みが出来るようになり、融資も振込みで受けることが出来るようになったので、全国展開をしていない中小消費者金融や街金を利用することが出来るようになったのです。

中小消費者金融のメリットとデメリット

キャッシングを検討する場合には大手消費者金融を選ぶ人が多いのですが、中には2社目、3社目となると大手消費者金融では審査に落ちてしまい、困っているという人もいるのではないでしょうか。そこで借りることが出来る可能性のあるものが中小消費者金融となるのです。
中小消費者金融を利用するメリットとしてはやはり独自の審査基準で審査を行うことから大手消費者金融で審査に落ちてしまった場合でも借りることが出来る可能性があります。また過去に債務整理などをして金融事故として信用情報に記録されている場合などには基本的には大手消費者金融、銀行カードローンなどの審査では確実に落とされてしまうのですが、中小消費者金融の中には債務整理をしてある程度の年数が経過していれば審査が可決となる場合もあり、通常では借りることが出来ない状態でも融資が実行される可能性があるという点は大きなメリットとなるでしょう。
次にデメリットです。中小消費者金融のデメリットとしては金利が大手消費者金融がだいたい18.0%程度になっているのに対して中小の消費者金融の場合には20.0%程度になっていることもあり、金利が高く設定されています。また初回の融資限度額が大手消費者金融が例えば50万円融資するといった場合に対して中小消費者金融の場合は30万円程度と少額になる傾向にあります。この他には融資可能エリアなど一定のエリアでしか営業していなかったり、コンビニや銀行のATMとは提携していないことから直接融資や銀行振込み融資に融資の種類が限られてしまうなど利便性は大手消費者金融よりも劣ってしまう傾向にあります。大手消費者金融などの審査スピードなども基本的にはないので審査には時間がかかってしまい即日融資なども出来ないと考えておいて良いでしょう。ですがこれらのデメリットを考えても大手消費者金融では借りられないなどの状況を踏まえて中小消費者金融を利用することで資金調達が可能となることも多いのです。

中小消費者金融は審査通りやすいの?

大手消費者金融の場合は信用情報機関などに記録されている情報と本人が申告した情報を元にコンピューターを使って自動審査を行うのですが、中小消費者金融の場合は審査を独自の審査基準で人間が行っているところがほとんどです。
申込みの際には名前、住所、電話番号、生年月日、勤務先名称、勤務先住所、勤務先電話番号、勤続年数、年収、他社からの借入状況など大手消費者金融と同じ様な内容で申込みを行います。審査で判断するのは返済能力があるかどうかとなります。
中小消費者金融は大手消費者金融の審査に落ちてしまった人の受け皿となっている部分があり、他社借入が多い場合や過去に債務整理などの金融事故を起こしてしまった人の場合でも比較的柔軟な審査で融資をしているのです。実際の申込み、審査では返済能力の判断はもちろんのこと債務者の人柄なども含めて総合的に判断しているのです。実際にいくつもの消費者金融に一度に申込みをして陥ってしまってしまう申込みブラックや複数の借入先から借り入れをしている多重債務者にも融資をしている中小消費者金融は存在し、インターネットを使って全国から申し込むことが出来るようになったので、広く普及するようになったのです。

街金は借りやすい?

一定のエリアに絞って融資を行っている貸金業者を街金と呼び、中小消費者金融のことを街金と呼ぶのですが、大手消費者金融とは違い独自の審査基準で審査を行い、債務者の人柄なども審査対象となることが多いので複数の借入先から借りている状態の多重債務者や過去に債務整理を行ってどこからも借り入れが出来なくなってしまっている人などに街金であれば融資をするという話は実際にあります。
ですが多重債務に陥っている場合は街金も消費者金融なので貸金業法が適用されることから年収の1/3を超えて借り入れをすることはできませんし、過去の債務整理の記録も債務整理をして完済をしてから5年以上経過していなければ難しくなります。
インターネット上などで街金や中小消費者金融と呼ばれる貸金業者は借りやすいと言われているのは事実ですが、全ての人が100%借りることが出来るかというとそれは違います。
大手消費者金融に比べると借りやすいという点がそう思わせているのかもしれません。
また街金や中小消費者金融をインターネットで検索すると比較的高い確率で高い金利で融資をする悪質な貸金業者がヒットし、これらの業者はブラックOKや激甘、無職OKなど通常では考えられない様な人たちを融資対象としているのですが、これらの業者はいわゆる闇金と呼ばれる業者であり、貸金業法で定められた金利を遥かに超えた暴利で融資するなど非常に危険なものとなっています。

マチコ左

街金のことどうです?
ちょっとは理解できたかな。
もっと理解を深めたいのでしたら、まだまだ書いているから、関連記事を読んでね。
でもね、ご利用は計画的にしないとだめだよ!